コンテンツへスキップ

Magnesium is Yoga!

マグネシウムとヨガ

ヨガにマグネシウムを使いたい理由とは?

ヨガには筋肉をリラックスさせる作用があり、医療現場やアスリートの世界で摂り入れられている栄養素です。また、調べて見ると日本のヨガ市場とマグネシウムの作用に高い親和性があることがわかりました。

日本のヨガ市場の特徴について

GITNUXでは世界中のあらゆる市場にたいして統計やリサーチをおこなっており、今回はヨガ市場についてのデータを見てみました。

ヨガ市場は年々右肩上がりとなっていて、アメリカでは2010年~2021年まででヨガ人口が2100万人から3440万人に増加しました。また、少なくとも年に一度はヨガをおこなっていると回答したヒトが63.8%もおり、習慣化していなくてもヨガ自体に興味がある人が圧倒的に増えていることがわかりますね。

2021年の調査によれば、米国の参加者の25%が自宅でフィットネスのためにヨガマットを所有しており、さらに13%がパンデミック中にそれを購入したと報告しています。

つまりパンデミックの影響で自宅でのセルフケアの大切さを感じた多くの人がヨガを始めたということでしょう。

ここで日本の市場について面白いデータが報告されています。2020年の調査で、日本人の約40.8%が実際に施設に行くよりもオンラインクラスを受ける方が気軽で続けやすいと回答しています。この調査から3年が経過している現在。多くのヨガインストラクターが実際の施設でのクラス以外にも、多くのオンラインクラスを持っており、より需要も増えることが予想されます。

ヨガ市場は、2021年から2027年までのCAGRが9.6%で成長する見込みで、北米が市場シェアをリードし、アジア太平洋地域が最も高い成長率を経験すると予想されています。

つまり、今後もヨガ市場は成長することが予想され、日本の特徴としてはオンラインクラスが注目を集めるのではないかと考えられるのです。

参考:GITNUX

なぜヨガにマグネシウム?

統計的調査によって、ヨガ市場が今後も拡大傾向にあるということや、日本ではオンラインヨガがさらに広がると予想されることがわかりましたが、なぜそこでマグネシウムが登場するのでしょうか?

実はマグネシウムの効果にはヨガと親和性が高いものが多く、ヨガの特徴や効果をサポートする働きがあるからなのです。

マグネシウムの働きその①   筋肉をリラックスさせる

カルシウムは筋肉を収縮する働きがありますが、マグネシウムにはそれに拮抗する作用があり、筋肉を緩める働きがあります。体が硬い人、首や肩がこっていて思うようにポーズをとれない人など。よりフィジカルに深層的なヨガをおこなうために、マグネシウムを用いるのが効果的なのです。

マグネシウムの働きその②   こむら返りを予防

こちらも上述と共通している点ですが、筋肉をほぐすことでこむら返りを予防することができます。逆に言えばマグネシウム不足が起こると、こむら返りや瞼のけいれんなどが起こりやすくなるということ。ヨガはゆったりとした動きながらも普段伸ばさない筋肉や腱などを伸ばしたり利用したりするため、レッスンの前にマグネシウムを摂取しておくことで、より高いパフォーマンスを楽しめるようになります。

マグネシウムの働きその③    リラックス作用

マグネシウムのリラックス作用には二つの経路があります。ひとつが脳の神経伝達物質の行き来をスムーズにすることで、脳の神経細胞が正常に働きやすくなり、心穏やかにヨガをおこなうサポートをします。そしてもうひとつが、物理的に筋肉をリラックスさせるいうことです。ヨガのさまざまなポーズをしていると体がほぐれて気分がよくなってきますが、マグネシウムはそれをサポートする働きがあるのです。

このようにマグネシウムの作用はヨガと親和性が高く、アメリカなどではヨガレッスンにも取り入れる教室が増えています。

マグネシウムの重要性が注目され始めている

マグネシウムとは体に必要なミネラルのひとつで、体内では合成されないため食事などから充分に摂取する必要があります。でも、現在人の食生活や生活習慣ではマグネシウムが欠乏しやすく、また消耗しやすいのです。

実際、厚生労働省の令和元年の調査では、マグネシウムの推奨摂取量は男性30代で約370㎎/日、女性30代で約290㎎/日なのにたいし、男性のマグネシウム平均摂取量が236㎎/日、女性の平均205㎎という結果が出ています。

つまり、一般的に男性で約134㎎/日、女性で約85㎎/日、日々マグネシウムが不足しているということになるのです。マグネシウムは上述でお伝えした効果とは別に、睡眠や精神疾患などとも密接な関係があり、不眠症やうつ病が増えている原因のひとつとも考えられます。

アメリカではすでにマグネシウムサプリメントが睡眠改善などに取り入れられており、日本でも今後需要が高まることが予想されています。

ヨガにマグネシウムを取り入れるコツは?

マグネシウムは内からも外からも摂取することができます。

部分的に体にこりや違和感を感じている場合、リラックス作用がほしい場合には、経皮から摂取するのがおすすめ。こむら返りや精神的な安定を維持したい場合には経口摂取がおすすめです。

また、好みの香りや使用感など、五感を刺激することで、よりヨガの効果を引き出すこともできます。

特に日本ではオンラインクラスの人気が高いということがわかっていますが、遠隔だとどうしてもクラスの雰囲気作りや細かな指導が難しい場合もありますね。

マグネシウムを取り入れてよりリラックスした空間作りをおこない、クラスを楽しんで満足してもらうことで、多くの人の心身の健康を継続的にサポートすることにつながるかもしれません。

お問い合わせ

小さなご質問でもお気軽にお問合せください。

Contact